職場には病院や学校、企業でのカウンセラー、警察署での被害者に対するカウンセラーがあります。

心理療法士の仕事内容

 

心理療法士とは「臨床心理士」とも呼ばれ、患者の心の問題を心理学に基づいてなどの専門知識を用いて解決したりサポートしたりします。
現代社会では、人は様々な問題に直面したりストレスを抱えてしまいます。そして場合によっては心の病気に発展してしまい、うつ病などになってしまう可能性もあります。

 

うつ病以外にもアルコール依存症や引きこもりの問題やDVなど様々な問題や症状に対応しなければなりません。

 

心理療法士

患者との1対1の面談により、その患者にあった診察やコミュニケーション療法や動作療法などの治療法を考えていく必要があります。
心理療法士は精神科や心療内科の医師と大きく違うのは医療行為が行えない点です。そのため、薬の処方ができません。

 

患者の症状が重く、カウンセリングだけでは治療できないと判断した場合は、精神科や心療内科の医師と連携をする必要があります。

 

心理療法士の職場は、病院でのカウンセラーや、学校でのスクールカウンセラーや、企業での産業カウンセラーや、警察署での被害者に対する心理カウンセラーなどがあります。

 

心理療法士の年収

 

心理療法士の年収は勤めている施設によって様々ですが、常勤として正社員で働いている場合、平均的な年収は300~500万円ほどとなります。
しかし、中にも1000万円を越える年収を得る心理療法士もいます。

 

非常勤で勤務した場合は時給1000円程度からになります。
非常勤の場合、比較的時給が高いといわれているのがスクールカウンセラーで、平均時給が5000円程度になります。常勤・非常勤問わず、経験を積んでいけば給料をアップしていく事が可能になります。

 

また、経験を積んでいけば、大学教授や精神科や心療内科の医師にステップアップするという方法もあります。