歯科医師は研究医や病理医、歯科麻酔専門医や、製薬会社など他業種で働く選択肢もあります。

歯科医師の仕事内容

 

歯科医師の仕事は、患者さんの虫歯や抜歯や入れ歯や義歯の作成などの歯の治療や、歯茎の疾患など口腔内疾患の治療などが主な仕事内容です。

 

歯の治療だけでなく、口の中や舌等の病気や、顎の病気などにも対応します。また、子供の歯科を取り扱う小児歯科は、成長に伴って起きる歯並びの調整などの歯列矯正や、顎の骨の形をチェックしたりなども行います。

 

その他にも歯並びやホワイトニングなどの「審美歯科」で歯の矯正などを行い、歯をきれいに美しく見せる治療を行うところや、インプラントと言う差し歯ではない「人工の歯」を行うところもあります。

 

歯科医師の仕事内容

歯科医院や歯科医師によって対応する技術も異なったり、幅広い技術を求められたりする仕事になります。

 

開業医として歯科医院を経営する場合、歯科医師としての技術以外にも病院経営をするための金銭管理をするための経営能力がなければなりません。また、歯科助手などに人を指導したりなどの能力も必要になります。

 

歯医者は病院に勤務する以外にも研究医や病理医などの新たな病気への対応や、歯科麻酔専門医や、製薬会社など他業種で働くという選択肢もあります。

 

歯科医師の年収

 

歯科医師の給料は職場や技術などの経験により異なりますが、平均年収は450~800万円ほどになります。

 

開業医であれば平均年収は1500万円ほどになることもあります。また、審美歯科など保険治療の効かない自由診療をやっている歯科医院であれば、更に高い収入を得る事もあります。
研修医であっても、月に20~40万円程を得る事が可能です。

参考:医師の仕事内容と年収

 

しかし、医院の経営状態によって年収は変わってくるので、十分な収入を得る為にはしっかりとした経営技術と、宣伝効果や患者に求められる技術を十分に備えている必要があります。