患者一人ひとりに合うリハビリ内容を考え、生活のサポートを行うため、適切な判断能力が必要です。

作業療法士の仕事内容

 

作業療法士はリハビリテーションの専門職で、OT(Occupational Therapist)とも言われます。

作業療法士

作業療法士の仕事内容は、病気や事故などで体に障害を負ってしまった人や身体的な機能が低下してしまった高齢者などに対し、絵画や折り紙などの手工芸や、トランプやマージャンなどの遊び、散歩や体操といったスポーツなどの「作業」を行うことにより身体機能を回復し、日常生活を向上させる為のリハビリを行います。

 

作業療法を行う事により、機能訓練を受ける患者さんへのストレスを感じさせる事無く、様々なリハビリを行う事ができます。

 

患者一人ひとりに合う為のリハビリ内容を考えたり、生活のサポートを行う為、適切な判断能力が必要になります。
作業療法士は老人ホームやデイサービスなどの老人福祉施設や、病院にあるリハビリセンターや、障がい児福祉センターなどで働く事が出来ます。

 

作業療法士の年収

 

作業療法士の年収は勤める施設によって異なりますが、平均的な年収は456万円となっています。
また、アルバイトやパートや派遣社員などで働く事もでき、平均的な時給は2000円ほどとなっています。

 

大きな施設ほど給料が高く、小さな施設は経営状態によって給料が少ないことが多いですが、さほど大きな給料の違いは無いようです。大きな施設に勤めたいのであれば、専門学校などではなく大学を卒業しているほうが有利になるようです。
給料はあまり高いとは言えませんが、待遇に関しては比較的きちんとしている事が多く、各種保険や手当てがしっかりしていることがほとんどです。

 

また、給料の上がり幅は小さいことが多いですが、能力を上げ経験を積んでいけば昇給できる職場がほとんどです。勤める際にきちんと確認しておくほうがよいでしょう。