ジェネリック医薬品は、効き目も安全性も新薬と全く同じで、経済的な負担が少ない優れた医薬品です。

ジェネリック医薬品とは

日々の生活を送る中で、私たちは時に不調を感じることがあります。
そんな時は病院を受診するのが一般的ですが、病院では身体の不調を治したり改善するために多くの「」が処方されます。

 

しかし、日本国内で販売されている薬の大半は非常に高額なので経済的に大きな負担となる場合がほとんどです。
特に日本で最初に発売された新薬(先発医薬品)については開発メーカーが独占的に製造や販売を行えるため、高額になる傾向があります。

 

もちろん、各メーカーや製薬会社が長年に渡って研究・開発した新薬ですので相応の利益を得るのは当然の事だと言えます。

 

しかし、日本ではこの新薬の特許を出願してから20年~25年が経過すると、特許期間が満了して他のメーカーや企業でも同様の薬を開発することが出来ます。

 

新薬の特許期間が満了後に厚生労働省の承認を得て開発・製造された薬を「ジェネリック医薬品」と呼びます。

 

このようにジェネリック医薬品は新薬に比べると研究や開発に掛かる費用を大幅にカット出来る為、新薬とまったく同じ成分や効果にも関わらず販売価格は新薬の「半額かそれ以下」に抑えることが出来るのです。

 

そのため、現在ではこのジェネリック医薬品の処方を希望する事によって患者側の医療費負担を大幅に軽減する事が可能となっています。

 

また、ジェネリック医薬品が増えてきて医薬品に掛かる費用を大幅にカットできた事で、個人だけでなく国全体の医療費削減にも大きく貢献しています。
ジェネリック医薬品は効き目も安全性も新薬と全く同じ薬なので、安心して服用することが出来て経済的な負担が少ない非常に優れた医薬品です。

 

ちなみにジェネリック医薬品の処方を希望する場合は医師の診察を受けた後、処方箋を受け取ってから薬局で薬剤師さんと相談する必要があります。
その際に処方箋に記載された医薬品にジェネリック医薬品が発売されていた場合は、ジェネリック医薬品への変更希望の意思を伝えるだけでOKです。