歯科医院の数に対し歯科衛生士は、人手不足の状況です。歯科衛生士として働くには、専門学校3年の就学後、国家試験合格が必要とされます。

歯科衛生士の仕事と給料相場とは

歯科衛生士

歯科衛生士の仕事は、虫歯や歯周病を防ぐための歯垢や歯石の除去作業、ブラッシングの指導などの予防の指導を行います。

 

 

診療所では、

  • 機械、器具の、消毒、管理
  • 歯の型を摂る材料の準備
  • 後の作業治療の介助や、補助

を行います。

 

 

歯科医師の行う仕事は、細かい仕事が多く、補助も必要な仕事が多くあり、細かい気配りが必要な仕事ですので圧倒的に女性が多いのが現状です。

 

 

また、歯科衛生士の仕事も歯石を取るなど、細かい作業も多く、手先の器用な人にむく仕事です。

 

看護師の様な仕事内容ですが、夜勤などはほとんどなく、勤務時間も安定した職場です。

 

 

勤務先は企業規模も100人以下の歯科医院が圧倒的に多く、保険所や保健センターなどが勤務先です。

 

小さな歯科医院などでは、事務的な仕事までも行う場合もあります。

 

 

歯科医師一人に対し、歯科衛生士2~3人が理想ですが、小さな歯科医院では一人の事が多く
圧倒的な人手不足な状況です。

 

 

歯科医院の数は、どこの町にも多くあり、引っ越しなどでも就職先には困らない状況で女性の場合は、出産後に仕事に復帰するなども比較的簡単です。

 

 

また今後、高齢者福祉施設などでの仕事の需要も高まりつつあります。

 

 

歯科衛生士として働くための資格。

 

歯科衛生士になるには、歯科衛生士国家試験に合格しなければいけません。

 

 

受験資格は、

高校卒業後、厚生労働大臣指定、文部科学大臣指定の歯科衛生士学校において決められた、学習と実習を終了する

と国家試験受験資格を得ることが出来ます。

 

 

三年間のカリキュラムには、講義のほかに、650時間もの臨床実習があり、高度な内容となっています。

 

 

近年は男性の歯科衛生士も受験していますが、学校によると、女性限定の養成校もあります。

 

 

歯科衛生士国家試験は、年1回行われます。
合格率は、例年95パーセントと高く、養成課程で、真面目に受講していればほぼ確実に資格は取れる試験です。

 

 

歯科衛生士の平均年収。

 

歯科衛生士の平均年収は約340万円です。