専門的な知識が必要で、国家試験合格後仕事に就くことが出来、今後高齢化社会に益々なっていく日本では病院以外にも、介護施設、在宅介護などでの需要も増えつつある仕事です。

理学療法士の仕事と給料相場について

理学療法士の仕事は、医師の処方に基づき、リハビリの治療計画を立て、病気や、事故で身体が不自由になった人の身体機能の回復を図る仕事です。

 

  • 徒手療法、歩行訓練や
  • 体操などの運動療法
  • 電気的な刺激を与える等の物理療法

を行います。

 

 

理学療法士

専門的な知識、技術が必要で、患者にも、相当な努力が必要なリハビリを行うため患者の精神的な支えや、心のつながりが必要な仕事です。

 

 

また、患者の病状などをきちんと把握するために、他の医療スタッフとの連絡も怠ることはできません。

 

 

職場は、病院や、リハビリテーション施設で、スポーツ医学、健康促進の領域に広がります。

 

 

高齢化社会の、日本では、今後ますます理学療法士の需要は増える傾向にあり介護予防の分野での人員が必要で政府も理学療法士の数を増やすようにという方針のようです。

 

 

職場も今後は、介護施設、デイサービス、在宅介護も必要とされていく傾向にあります。

 

生活習慣病の増加から、糖尿病に対する運動療法も重要な課題となっています。

 

 

リハビリテーションは、理学療法士のみが行える業務ではなく、看護師の様なある程度の医療知識があるものでも行うことが出来るために、独自の資格システムもありますが、理学療法士、医師の指示を受けて行う当う形の仕事内容のようです。

 

 

近年、理学療法士の専門学校の数も急激に増え、より専門的な知識、質の向上を図っています。

 

 

理学療法士として働くために必要な資格。

理学療法士として、働くためには理学療法士国家試験合格の必要があります。

 

試験を受けるためには、養成学校を卒業し、専門の知識、技能について3年間習得する必要があります。

 

作業療法士の資格がある場合は、養成学校で2年の知識、技術の習得を必要とします。

 

理学療法士は毎年1回行われ口述問題、実技、筆記試験があります。

 

 

国家試験の受験者は、年々増加傾向にあり、合格率はその年にもよりますが、90パーセント近くです。

 

 

理学療法士の年収

 

理学療法士の年収は、男女ともに約400万円前後です。

現在、男女ともに同数の理学療法士が活躍しています。