年収は、病院などでは、24時間体制の為、夜勤手当などが加算されます。

看護師の仕事と給料相場について

看護士

看護師の仕事は、医師の指示での診療、治療の補助、患者の看護を行う仕事です。

 

 

病院で勤務する場合には、外来、手術室、病棟などによって、仕事内容も違います。

 

 

医療技術の進化と共に、看護師のニーズは高く、病院勤務は特に24時間体制の為夜勤などもあることから、肉体的にも大変な仕事でもあります。

 

地方の病院や、中小病院では看護師の人手不足のところが多く、問題になっています。

 

 

看護師は、病院以外にも、

  • 介護施設
  • 保健施設
  • 学校等

の就職先もあります。

 

 

高齢化により、訪問看護や、福祉施設などの看護師の需要もあり、介護福祉士など介護の資格とともに活躍の場も広がっています。

 

 

 

准看護師という都道府県知事の資格を取って働く場合も、看護師のような仕事内容ですが
自分の判断での看護を行うことが出来ません。

 

医師などの指導の下に、行うという違いはありますが、仕事内容はほぼ同じものです。

 

 

 

看護師として働くための資格。

看護師になるには、看護系の大学や、短大、専門学校で、修学し国家試験に合格する必要があります。

 

 

看護師国家試験の受験資格は

 

*高校卒業後。文部省が指定した学校で3年以上看護師になるための学科を修めたもの。
 または、厚生労働大臣が指定した看護師養成所を卒業したもの。

 

*准看護師の免許を取得後、3年間以上の実務経験したもの。
 高校を卒業している、准看護師で、上記の指定校で、終業したもの等

 

が主な条件ですが、外国や外国人に関しての条件などもあり、厚生労働省の試験資格を確認するようにしましょう。

 

 

看護師の国家試験は毎年2月下旬におこなわれ試験地は、
北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄
で行われます。

 

 

看護師の国家試験は難しいということで知られていますが合格率は90パーセントで、専門学校でのカリキュラムを真面目にきちんとこなしていれば合格できる資格です。

 

 

国家試験に向けた勉強なども、学校では行われているようですが、試験には、多くの範囲からの知識が必要とされており簡単な試験とは言えないのが現実です。

 

 

 

看護師の平均年収

 

看護師の平均年収は 469万円

 

24時間体制の病院などでは、ここに、夜勤手当が加算されます、病院にもよりますが一日15000~20000円のところもあります。

 

 

一般企業で働く企業看護師は、週休2日、夜勤もありませんが、病院と比べると、幾分か、給料は少なくなるようです。

 

 

>>国家資格でない医療事務の仕事内容と年収で比べてみよう