仕事をするのに、資格が必須ではありませんが、専門的な知識を専門学校で習得し、資格を持った方が、就職には有利となっています。

医療事務の仕事内容や給料の相場は?

医療事務の仕事は、病院、診療所で行われる事務すべてを行う仕事で

医療事務

  • 受付や会計業務
  • カルテの管理
  • 入退院の管理

といった
医療に対してのある程度の知識を必要とするものや

 

  • 健康保険点数の算出、
  • 医療保険の支払機関に提出する診療報酬明細の作成

という、
医療機関独特の専門知識を必要とする業務もこなす必要があります。

 

 

病院の大きさなどにより、入退院の管理なども複雑ですが、最近はコンピューターの導入によりわずらわしさも軽減する方向にありますが、ある程度のOAの知識なども必要とされます。

 

 

医療事務として働くための資格。

医療事務として働くための資格は特にありません。

 

高校、大学卒業後にすぐに就職することも可能ですが、医療事務に関する特殊な知識も必要とされるために、医療事務の専門学校を修了後、就職する場合が多くなっています。

 

 

医療事務の国家試験の様な資格はありませんが、
民間資格や、技能検定があり就職には、やはり資格を持っている方が有利となります。

 

試験は、学科と実技があり、受験資格にも、教育訓練を終了するか、実務経験6か月以上が必要となります。

 

日本医療教育財団の行っている資格の例として

 

医療事務技能審査試験(メディカルクラークの称号を付与)

診療報酬請求事務業務、窓口業務等の医療事務職としてもとめられる能力を備えていることを証明します。

 

 

医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラークの称号を付与)

診療録、各種診断書、証明書、処方箋等の医療文書作成業務等、医師事務作業補助職として必要な基礎的知識、技能を有しているということを証明します。

 

 

診療情報管理技能認定試験(メディカル・レコード・コーディネーターの称号を付与)

正確な病名コーディングの技能等、診療情報管理業務の専門家としての能力を有しているということを証明します。医療事務に携わっている人で、ステップアップする人に適した試験です。

 

 

これらのほかにも

 

  • ケアクラーク技能認定試験
  • 医事オペレータ技能認定試験
  • 医療秘書技能認定試験
  • 調剤報酬請求事務技能試験

 

などがあります。

 

 

資格試験も、年に何回も行われているので働きながらステップアップしていくために、さらに上の資格に挑戦も出来ます。

 

 

医療事務の平均年収。

 

医療事務の平均年収は? 

 

医療事務  240~280万円
調剤事務  230~300万円
介護事務  240~290万円

 

 

同じ医療現場で働く看護師の仕事と年収についてはこちら