医療関係の仕事には、治療やリハビリの仕事、治療を支える仕事、医療の事務等治療以外の仕事、代替え治療を行う仕事などがあります。

医療関係の職業と資格

 

医療関係で働く場合どのような仕事があり、働くための資格とは。

 

治療やリハビリの仕事

*医師     (大学6年、医師国家試験合格 臨床研修2年)
*歯科医師   (大学6年、歯科医師国家試験合格、臨床研修1年)
理学療法士  (大学4年または短大3年、専門学校3~4年、理学療法士国家試験合格)
*作業療法士  (大学4年または短大3年、専門学校3~4年、作業療法士国家試験合格)
*心理療法士  (大学で心理学専攻、または専門学校、学校、法人、民間の資格取得)
*言語視覚士  (大学、専門学校、言語視覚士国家試験合格)
*助産師    (看護大学、助産師専門学校 助産師国家試験合格)

 

医者

これらの直接治療を行う仕事の多くは、大学や、専門学校で学んで、国家試験に合格することで仕事に就くことが出来るものが多く、

 

例えば医師になるには大学で6年間の勉強しかも入学自体が難関である場合も多くあります。患者の命を預かる仕事でもあり、高度の知識を必要としている仕事です。

 

 

 

治療を支える仕事

看護師     (看護系専門学校、准看護師免許取得後3年の実務経験、または養成所で2年以上の就業、看護師国家試験合格)
*准看護師    (看護系専門学校、准看護師都道府県試験合格)
*認定看護師   (保健師、助産師、看護師の免許を有する、実務経験3年以上、認定看護師教育課程修了語後、認定審査)
薬剤師     (薬科大学、大学薬学部、薬剤師国家試験合格)
歯科衛生士   (歯科衛生士専門学校、歯科衛生士国家試験合格)
歯科技工士   (歯科技工士専門学校、歯科技工士国家試験)
*救命救急士   (救命救急士専門学校、または救急隊員で5年以上の実務経験後養成所で研修、救命救急士国家試験合格)
*臨床工学技士  (大学、専門学校 臨床工学技術士国家試験合格)
診療放射線技師 (大学、専門学校、診療放射線技術師国家試験合格)

 

看護士

治療を支える仕事は、専門学校等での知識、技術を習得することを要する仕事です。

 

高卒の後、専門養成学校で、2~3年の修学を必要とする場合がほとんどです。国家試験の合格又は、それに相当する認定試験が要され、高度な知識を必要とする仕事も多くあります。

 

大学医学部卒業後に国家試験を受けることで得られる仕事などもあります。

 

 

 

医療の事務等治療以外の仕事

医療事務     (高卒、大卒、医療事務専門学校、民間資格、技能検定制度取得が有利)
*医療情報担当者  (薬理系大学、高専、医療情報担当者(MR)認定試験)
*細胞検査士    (大学、専門の教育課程修了、臨床検査技師、衛生検査技師資格取得後実務経験1年以上、認定資格合格)

 

医療事務

医療の事務など、治療に直接かかわらない仕事の場合も、基本的な医療の知識は必要で特別な資格が必要ではない場合もありますが、認定試験などの制度もあり、就職にはこの様な資格を持っている場合が有利となります。

 

 

 

代替え治療を行う仕事

*あんま、マッサージ指圧師  (養成専門学校 あん摩マッサージ指圧国家試験合格)
はり師           (大学、専門学校、はり師国家試験)
*きゅう師          (大学、専門学校、きゅう師国家試験)
カイロプラクティック師   (専門学校、見習いで働く、認定証取得)
*アロマセラピスト      (アロマセラピースクール、認定試験、修了証 国際ライセンス)
*リフレクソロジスト     (リフレクソロジースクール、認定試験、修了証)
*柔道整復師         (専門学校、柔道整復師国家試験)

 

治療

代替え治療も、患者の健康に直接かかわり、専門学校などで専門的な知識や技術を習得することが必要で国家試験に合格を要求される場合もあり、認定の資格の制度も設けられています。

 

就職には、やはり、資格があるほうが有利です。

 

また代替え治療の需要は、病院以外の老人ホームや介護施設などでも近年多くの需要があります。

 

国家資格や医療関係の認定資格を取得するには専門学校やスクールに通う必要があるものが多く、資格取得には膨大な費用がかかります。

 

アルバイトで勉強が疎かになってしまったら意味がありませんし、短時間勤務が可能な仕事がいいでしょう。
女性であれば「キャバクラ派遣をお探しなら【chao】全国版-派遣会社のメリット比較」でシフトに融通が効き、短時間で稼げる仕事を探してみるのも一つの手です。